転職を失敗しないために、信頼ある看護師求人サイトを選ぼう!

 

 
精神科に就職したいと考えているのであれば、看護師求人サイトから探すことをオススメします。

 

 

ここでご紹介している看護師求人サイトは、全部無料。登録から希望の精神科のある病院に就職が決まるまで、そして決まってからもアフターフォローまでしっかりサポートしてくれて、全て無料です。

 

自分の希望条件に合った精神科の病院を、看護師求人サイトに所属しているコンサルタントが探してきてくれて、あなたの就職のためのサポートを全てしてくれます。

 

そこまでやってくれるなら料金が高くつきそうだと思ってしまうかもしれませんが、看護師求人サイトは看護師さんを精神科の病院に紹介することで医療機関から報酬をもらうシステムになっているので、サポートはすべて0円でやってくれます。無理矢理就職するよう進めたりすることもありませんので、安心してお任せすることができますよ。

 

多くの看護師さんが利用している、信頼ある3つの看護師求人サイト

 

それぞれの会社が持っている一般には公開されない非公開求人の職場が多数ありますので、失敗しないために2〜3社から探すことがベストです!

 

 

看護のお仕事

・サービス満足度NO.1の看護師求人サイト
・コンサルタント満足度NO.1の看護師求人サイト
・友達に勧めたい度NO.1の看護師求人サイト
・就職お祝い金最大12万円
・1分無料登録
・全国サポート

 

看護のお仕事は、全国にある医療機関12万件以上の案件を取り扱っており、あなたの希望に合った精神科の病院を紹介してくれます。看護のお仕事に所属しているコンサルタントの人が親身になってサポートしてくれますので、給与やお休みなど聞きづらい事も代わりに全て聞いてくれますので、後悔しない転職をすることができます。

 

また看護のお仕事を通して精神科に就職して半年以上、勤務すると最大12万円の支援金をもらうことができます。使い道は自由なので、ちょっとしたボーナスをもらえる特典が付いていますよ。

 

 

↓↓看護のお仕事の公式サイトはこちら↓↓

 

 

 

ナースではたらこ

顧客満足度ランキング3年連続NO.1の看護師求人サイト
・アフターフォローNO.1の看護師求人サイト
・友達に勧めたい度NO.1の看護師求人サイト
・就職お祝い金最大10万円
・30秒無料登録
・全国サポート

 

ナースではたらこは、全国にある医療機関9万件以上の案件を取り扱っている看護師求人サイトです。丁寧なサポートをしてくれるので、看護師人材紹介顧客満足度で3年連続1位に選ばれている実績を持っています。

 

あなたが希望している条件に合った精神科の病院を探してきてくれるので、安心して転職をお任せすることができます。ナースではたらこを通して精神科のに転職して半年間が経過したら「HAPPYボーナス最大10万円」がもらえますよ。

 

 

↓↓ナースではたらこの公式サイトはこちら↓↓

 

 

 

ナースフル

転職大手リクルート運営の看護師求人サイト
・知名度NO.1の看護師求人サイト
・信頼度NO.1の看護師求人サイト
・50秒無料登録
・全国サポート

 

ナースフルは、転職で有名な企業「リクルート」が運営している看護師求人サイトです。知名度と信頼度No1を誇る求人サイトなので、信頼できる看護師求人サイト利用したいならナースフルがお勧めです。

 

離職率の高い職場は絶対紹介しないというのがルールになっていますので、安心して自分の希望に合った条件の精神科の職場を探すことができますよ。

 

 

↓↓ナースフルの公式サイトはこちら↓↓

 

 

 

精神科は、こんな看護師の方にお勧めです!

お世話するのが好きな人、イベント等の企画を考えるのが好きな人

精神科に勤めるとなると、うつ病やパニック障害など精神的に病んでる患者さんと接する以上、色々と気を使わないといけない場面が多々あります。ですから、お世話するのが好きな看護師や、誰かのために自分の力を出したいと思う看護師には精神科に向いていると思います。

 

精神科には、患者さんの気分転換や、日常生活や社会復帰するための練習としてレクリエーションイベントもありますので、勤務する病院にもよりますが看護師も一緒になって企画を考えることもあります。自分の意見が、精神科にいる患者さんのためになることに喜びを実感することもあります。

 

専門分野として深く追求したい看護師

一般科目とは違い精神科は、患者さんとのコミュニケーションが重要になってきます。残酷なことを言ってしまいますが、今の現状を考えるとこれからも精神的に病んでしまう人は増加していく傾向があるので、専門分野として深く追求することができて、自分自身の人間性としての成長もできます。

 

 

 

 

精神科に転職すると成功するものなのか?

 

今まで一般科で勤務していた看護師が精神科に転職して、

果たして本当に転職に成功したと思えるものなのか?

 

 

転職するに当たって、このような不安がありますよね。そこで、精神科に転職して失敗した看護師さんの例を3つご紹介したいと思います。

 

・精神科の方が給与が良さそうだから

・自分が希望している条件とたまたま一致したから

・自分の家の近くにある病院が精神科だったから

 

このように明確な目的を持っていないで精神科に転職すると、失敗する可能性が大きいのです。自分の中で「なぜ精神科に勤務したいのか」と言う明確な目的があれば精神科に転職しても十分対応できると思いますので、「なぜ精神科に転職しようと思うのか」を導き出してみてください。

精神科は一般科と違いとは?

10人いれば10通の考え方があります。一般科⇒精神科へ、 精神科⇒一般科へ転職を考える看護師さんがいらっしゃいます。

 

ここでは、転職してきた看護師さんたちの転職理由をご紹介していきたいと思います。現在、転職をお考えなら是非参考にしてみてください。

 

 

 

精神科⇒一般科へ転職

@医療行為に携わる機会が少なく、このままだと精神科でしか働けなくなるので、医療行為に携わる機会の多い一般科へ移りたい。
A患者のわがままや暴言に耐えるばっかりで、ストレスを溜め込んでしまい、自分自身が精神的にまいってしまうと思ったから、そうなる前に精神科から移りたいと思った。

一般科⇒精神科へ転職

@誰かのために自分の力が必要とされる職場で働きたかったし、何かに特化した分野を極めたいとも思ったから。
A精神科の患者さんなら、ちゃんと向き合いながら看護することができるから。

 

 

 

 

精神科は一般科と違いとは?

医療行為をするよりも患者さんと向き合わなければならない機会が多いので、患者さんに振り回されることで自分自身がストレスを溜め込んでしまい、仕事が嫌だと思ってしまうことも多々あります。

 

精神科へ転職を考えているのであれば、「明確な目的」がないと働くことが苦痛になってしまう可能性があるので、精神科へ転職したい場合は明確な目的が考えられる職場を見つけることが大切です。

 

精神科の中でも、勤務する病棟によっては仕事内容は違ってくるので、大変さも変わってくるかもしれませんが、仕事内容がどういうものなのかを把握することもいいと思います。

病院の選び方

 

精神科病院の選び方ですが、「精神科病院で働きたいなぁ〜」とあやふやに考えるのではなく、勤務したい病棟を明確にすれば、働きがいのある職場に出会う確率が高くなります。
 

 

まずは、入院施設がある精神科病院にするか精神科のクリニックにするか考えてみるといいと思います。

 

なぜなら精神科病院にするかクリニックにするかで仕事内容が違ってくるからです。入院施設がある精神科病院では、入院患者さんの健康管理・日常生活をサポート・薬の管理を主体に精神科医師と連携を取りながら患者さんとのコミュニケーションをとっていきます。

 

精神科クリニックは外来の患者さんのみなので、精神科医師の診療サポートが主体になります。精神科クリニックに通院する患者さんは比較的軽い症状なので、精神科病院より負担は軽いです。

 

次に、精神科病院の中でも様々な病棟(急性期病棟・慢性期病棟・開放病棟・閉鎖病棟)があります。精神科の中でも、いろいろな分野がありますので、どの分野に携わりたいかを明確にするといいと思います。他にも精神科救急病棟やアルコール依存症病棟など分野に特化した病棟もありますので、いろいろな精神科病院を調べてみるのもお勧めです。

 

これらを踏まえた上で、給与・勤務体制・通勤しやすいかどうか・待遇など自分の条件に合った職場を見つけれるのが理想です。そして、希望をまとめて看護師求人サイトのコンサルタントに相談してみましょう!

精神科での看護師の役割とは?

ストレス社会になってしまったことで、うつ病・パニック障害など精神的に病んでしまう人が増加していき、同時に精神科に通院する患者さんも増加しています。高齢者が増えていき介護の仕事も増えていますが、精神科で働く看護師も求められている現状です。

 

精神科で勤務する看護師の役割をご紹介

精神科の仕事内容は、主に患者さんの健康管理・レクリエーションサポート・薬の管理・緊急時の対応です。

 

精神科医師と連携を取り、患者さんが日常生活又は社会復帰できるようサポートしていき、勤務する病院にもよりますがスポーツをしたり、カラオケに行ったり、患者さんが楽しめる場所へ遊びに行ったりするレクリエーションイベントを企画したりもします。

 

10代から70代と幅広い年齢層の人が精神科を利用していますが、その人その人に合った対応をして、薬もちゃんと飲めているか確認することが大切になってきます。

 

・早番AM8:30〜PM16:30  
・中番PM16:00〜AM1:30  
・夜勤AM1:00〜9:00

 

3交代シフトで、精神科の患者さんの健康管理をしながら日常生活や社会復帰できるようサポートをします。今回ご紹介した勤務シフトはあくまでも一例であって、病院によっては勤務時間帯が違ってきますので参考程度にしておいてください。